警察に職務質問をされて、同乗していた出会い系アプリで出会った相手が16歳であることが発覚した事例。
まずはお気軽に
ご相談ください
365日24時間対応
tel 電話で相談 e-mail メールで相談 line LINEで相談
ホーム > 刑事事件解決法 > 解決事例 > 性犯罪解決事例 > 警察に職務質問をされて、同乗していた出会い系アプリで出会った相手が16歳であることが発覚した事例。

警察に職務質問をされて、同乗していた出会い系アプリで出会った相手が16歳であることが発覚した事例。

  • 性犯罪
  • 児童買春、児童ポルノ
  • 罪名: 児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律
  • 解決結果: 不起訴
  • 解決までの期間: 3週間
  • 示談金: 10万円
  • 弁護士費用: 66万円

事件発生、相談~解決までの流れ

Hさんは出会い系アプリで売春する相手を募集し、応募してきた女性と車の中で会いました。車内で口淫(いわゆるフェラ)をして、女性に1万円を支払うという約束でした。行為をしようとして駐車場に停車して準備をしていると、警察が車に近づいてきて職務質問してもいいかとのことだったので応じました。

Hさんはアプリの中で相手女性の年齢が18歳であると記載してあったことから全く問題ないと考えて警察にどういう経緯であるかすべて話しました。警察が相手女性の身分証などを確認したところ。18歳ではなく16歳であることが発覚しました。Hさんとしては、相手が16歳であるとは全く思っていませんでしたが、そのまま任意道警で警察署に連れていかれて携帯電話のLINE履歴などをすべて警察に捜査されました。
他にも同じ出会い系アプリで多くの女性と売春行為をしていたことから、警察は余罪もあるのではないかとのことで、また後日呼び出すことをHさんに告げてその日は終了しました。Hさんとしては、16歳であることを知らなかったものの今後のことなど不安であったことから「福岡の刑事事件、特に児童買春に強い弁護士」をインターネットで検索していただいて当事務所にご相談いただきました。

ご相談に来所していただき、そのまま着手金22万円を頂戴してご依頼いただくことになりました。
弁護士から警察に連絡をいれて、状況を確認したところ余罪など調査しているとのことでした。

ご依頼いただいてから2か月後にHさんの自宅に警察から家宅捜索(いわゆるガサ入れ)がありました。
相手女性の親が今回のことを知って被害届を提出したとのことで、警察からHさんは捜索を受けることになりました。
ガサ入れから10日後に書類送検され、弁護士が相手女性の両親の連絡先を入手して示談の申し入れをしました。
相手の両親としては、Hさんに対して処罰感情があるわけではないとのことで、示談金10万円で示談することが出来ました。
示談の結果を弁護士が担当検察官に報告したところ、Hさんは18歳であると認識していたことや、初犯であることから不起訴という結果になりました。

Hさんは、職場に知られることなく逮捕されずに不起訴という処分になり、解決することが出来ました。

性犯罪についてよくある質問

性犯罪の解決事例

VIEW MORE
刑事事件解決法へ戻る